オールインワンゲルは混合肌でも使えるの?お手入れのコツをご紹介!

オールインワンゲルは保湿がメインになった商品が多いので、混合肌の場合はオールインワンゲルは不向きなのではと思うでしょう。お手入れがちょっと厄介な混合肌。でもみんなみたいにオールインワンゲルで簡単にスキンケアをしたいという人には、ちょっとした使い方の秘訣があるのです。そこで早速ですが、オールインワンゲルではじめる混合肌のお手入れ方法をご説明しましょう。

オールインワンゲルで混合肌をケアするには

  • 混合肌の特徴
  • お手入れのコツ
  • どんなオールインワンゲルがいいか
  • 使い方について
  • スキンケアの目的に合わせる

以上5つの点を詳しくみていきましょう。

混合肌にはどんな特徴があるの?

混合肌と聞くとかさつき部分とオイリー部分が混ざった肌をイメージしますよね。ちょっとレアな肌タイプのようにも思いますが、実は最近30代以降の人にとても増えている肌タイプなのです。

特徴としてはTゾーンだけがテカる、フェイスラインだけが皮脂が多い、洗顔後に部分的にツッパリを感じる、季節によって乾燥が激しいなど。普通肌でも部分的に乾燥しやすいところがありますが、混合肌の場合はかさつきと皮脂の多い部分の差が激しい点が特徴。そのため偏ったスキンケアでは部分的に不足するか、もしくは過剰なケアになる可能性がありますよね。

また混合肌は顔だけでなく背中やデコルテにニキビができやすい特徴もあり、人によって乾燥肌より、脂性肌よりと別れています。一番の問題はスキンケアによってパーツの症状が進行してしまうこと。そのままに放置するとバリア機能の低下、ターンオーバーの乱れ原因へとつながります。

混合肌のお手入れで意識する点について

混合肌で意識する点は乾燥改善をターゲットにすることが基本になります。Tゾーンのようにテカりが目立つ部分があっても、結局は乾燥が土台になり皮脂バランスが悪いことが原因。化粧品はどれも乾燥肌用、脂性肌用とタイプが分かれているので、混合肌はお手入れが複雑ですよね。

でも混合肌の本質は乾燥という問題がありますので、毎日のお手入れでは保湿を重視して肌質を安定させましょう。毎日行う洗顔は、皮脂が多い部位から最初にスタート。肌の代謝を活性化するためにも負担を与えずに丁寧に泡洗顔をしてくださいね。

混合肌によいオールインワンゲルはどれ?

オールインワンゲルは混合肌に良い水分と油成分が配合されているので、複雑な肌でも簡単なスキンケアができます。混合肌に良いオールインワンゲルを選ぶ時は、まずどんな肌タイプに合ったものかをチェックしてください。

オール肌タイプであれば混合肌にも使えますが、乾燥パーツが気になる人は乾燥肌用で保湿効果が高いタイプを選んでもよいでしょう。
また混合肌はテカリが目立つTゾーンやあごなど、べたつきが残るのはできれば避けたいですよね。自分好みの使用感かどうか、お試しや返金保証がある商品を使ってみるのもよいでしょう。

オールインワンゲルで混合肌を正しくケアする方法

混合肌はオールインワンゲルの使い方が大切なポイントになります。乾燥しやすいパーツがあるため、オールインワンゲルだけでは十分な保湿ができないこともあります。頬や目尻など乾燥パーツはあらかじめ化粧水で肌を整えておきましょう。

さらに乾燥しやすい時期はオールインワンゲルを使用後、ポイントケアで目尻などの気になる部位をさらにプラスケア。このように肌の部位に合わせて保湿を増やせば全体的な皮脂バランスとうるおいが整いやすくなりますよ。

混合肌のゴールは肌環境を安定させることなので、オールインワンゲルだけでなく食事からビタミンなど肌によい栄養補給や、睡眠時間を増やすなど美肌生活を始めることも大切です。

混合肌はスキンケアの目的に合わせてゲルを選ぶ

混合肌でも年齢を重ねるごとに老化が進行します。アンチエイジングでは乾燥しやすいパーツの対策が必要になりますので、オールインワンゲルで美白やアンチエイジングを意識した成分をチェックしてみましょう。

プラセンタエキス、ビタミンC誘導体などは混合肌にもよい成分で、抗酸化作用や保湿効果も高く人気があります。混合肌全体を整えてお手入れしやすい肌へと改善してくれるので、30代以降になったらアンチエイジングは欠かせませんね。

また美白やハリ成分など、肌の悩みに合わせてオールインワンゲルを選び、アプローチしやすいスキンケアをスタートしてください。混合肌は喫煙も肌の働きを乱す原因になるのでご注意くださいね。

コメントは受け付けていません。