オールインワンゲルで敏感肌を改善する裏技とは?

オールインワンゲルはワンステップだからこそ肌負担をかけずお手入れできる点が魅力です。これは敏感肌にとってはとても大切で、オールインワンゲルで肌質を健康な状態に戻すことだって可能なのです。ではオールインワンゲルでさらに効果を出すにはどんな点を意識したらよいか、敏感肌のスキンケアのコツについてご説明しましょう。

オールインワンゲルで敏感肌を改善するには

  • 敏感肌の特徴
  • 刺激を減らす
  • 浸透性が高いもの
  • 保湿力をチェック

以上4つの点を見ていきましょう。

敏感肌の特徴を理解してスキンケアを行うこと

敏感肌はバリア機能が弱いため、外部の刺激を受けやすい点が特徴です。紫外線や雑菌、そして化粧品はダイレクトに肌の負担のなりますよね。
トラブルを起こしやすい敏感肌は化粧品選びがとても大変ですが、肌の細胞を活性化するためには保湿が何よりも大切。さらに肌を強化するためには栄養バランスの取れた食生活や、代謝力をアップする定期的な運動なども行うとよいでしょう。

敏感肌は間違ったスキンケアにより、かゆみや湿疹、痛みなどの不快な症状が悪化する場合もあります。肌の回復力も少ないため、できるだけトラブルを招かないように普段のスキンケアでも注意が必要なのです。

低刺激のオールインワンゲルで優しいスキンケアをしよう

敏感肌用のオールインワンゲルは近年とても種類が増えてきましたよね。でも肌質は個人差がありますので、できるだけ低刺激タイプのオールインワンゲルを使わないといけません。

肌の刺激となるのは人工添加物や効き目が強い美白成分など。オールインワンゲルは水分と油分を混合させるため、合成界面活性剤を使用したタイプがとても多くなっています。しかしこの成分はバリア機能を乱し、肌荒れ原因を作りますので添加物が不使用のオールインワンゲルを選ぶとよいでしょう。

ほかにも防腐剤の働きをするパラベンや人口香料なども毎日続けて使用すると、敏感肌の症状がさらに悪化する可能性もありますのでご注意くださいね。

浸透性が高い有効成分を肌の奥から補うこと

敏感肌は肌の表面でなく角質層内の成分が不足しているため。細胞レベルからアプローチが必要なので、オールインワンゲルを選ぶ時は浸透性の高いタイプを使いましょう。ビタミンC誘導体配合、美容成分が小さな分子化されているものなどがオススメです。

オールインワンゲルを使うコツですが栄養が肌全体に行き届くように、最初に顔全体を手で温める、もしくは蒸しタオルを数分間顔にのせて温めておくと美容成分が奥まで吸収されやすくなりますよ。

オールインワンゲルは普通のスキンケアと比較すると、摩擦回数が減ることも敏感肌にとってメリット。ゲルをつけるときはくれぐれもこすらないように優しく広げてハンドプレスしてくださいね。

敏感肌を改善する効果の高い保湿成分

敏感肌は肌質を改善することがスキンケアの目的のひとつ。また敏感肌は外部の刺激を受けやすいため、老化が進行しやすい特徴もあります。オールインワンゲルはアンチエイジングと同時に保湿ができるタイプがよいでしょう。

そこで知っておきたいオススメの成分がセラミドです。セラミドが不足すると水分保持力が低下しどんどん肌が乾燥して敏感になってしまいます。美肌にもよいうるおいの働きもありますので、たっぷりセラミドを肌に補いましょう。

また浸透性をもっと高めるなら、パックやマッサージ機能を兼ねたオールインワンゲルを使うこともオススメです。毎日のケアとは別に定期的に行うお手入れは、敏感肌の働きを活性化する効果へつながります。また肌に合うかどうかチェックするなら、返金保証がある商品でかしこく購入してください。

コメントは受け付けていません。