乾燥しないオールインワンゲルでしっとり肌を目指す徹底ガイド

オールインワンゲルだけでは肌がしっとりしないという利用者の声がよく聞かれます。これでは乾燥肌対策が上手にできず、肌の老化も進んでしまいますよね。簡単なスキンケアという魅力点だけでは年齢肌のお手入れは正しくできませんので、肌トラブルに合わせて使うものを選びましょう。

年齢とともに多くの方が悩んでいる肌の乾燥、しっかりつけたはずなのに朝になると頬がカサカサ、なんてことがよくありますよね。そこで乾燥しないオールインワンゲルで、しっとり肌を目指すスキンケアの基礎についてご紹介したいと思います。ワンステップだからこそ、使い方が効果のカギを握っています。

乾燥しないオールインワンゲルを使う方法は

  • しっとり肌は洗顔からスタート
  • 乾燥改善の使い方
  • マッサージで肌を元気にする
  • 購入時のチェックポイント
  • オススメはメディプラスゲル!

以上5つのポイントをご説明します。

乾燥しないオールインワンゲルは洗顔からスタート

乾燥肌対策は多くの方に共通する悩みのひとつ、とくに30代、40代になると肌の乾燥は目の周辺だけ、口のまわりだけ、部分的にも起こるので皆さん肌のかさつきはどこかしらにあるでしょう。こんな年齢肌の乾燥はオールインワンゲルがとても便利な保湿化粧品になりますが、しっとり肌をつくるには最初の洗顔からお手入れはスタートしています。

洗顔はしっかり皮脂やメイク汚れを落とすために欠かせないこと。しかし無理なごしごし洗顔や洗顔料の強い石鹸を使うと、大切な皮脂がなくなり乾燥した状態からスキンケアがスタートしてしまいます。洗顔で少しでも潤いを残したほうがそのあとの保湿ケアの効果は効率的に実感しやすくなるというわけ。そこで洗顔時に注意したいポイントをいくつか挙げてみました。

肌状態を確認

洗顔は1日朝と夜の2回が基本。朝は睡眠中に肌についたホコリや皮脂を洗い流すことが目的で、夜はさらにメイクを落としてすっきりさせることが大切です。スキンケアの最初のステップになるので、習慣的に時間になるとさっと洗顔する方がほとんどだと思いますが、まずは肌状態をチェックしてからどのように洗顔するか心がけましょう。

たとえば乾燥肌に多い赤ら顔、目尻の乾燥など目立つ症状があるときはなるべく負担をかけなようそのエリアを優しく洗顔してください。

ひりひりするときや生理前の肌が敏感な時などは、朝洗顔で無理に洗顔料を使う必要はなくぬるま湯でさっと洗い流すだけでも大丈夫です。

摩擦を最小限にとどめる

古い角質層が残るとターンオーバーがうまくできないだけでなく、肌のくすみ原因にもなります。でもごしごし洗顔はもっと肌にリスクを与え、乾燥肌のバリア機能を破壊することに。フェイススポンジやフェイスブラシなどはできるだけ使用を控え、手のひらや指の腹を使いできるだけ優しく洗顔してください。

ごしごしの摩擦をできるだけ控えるには洗顔料の泡をたっぷりつくること。ふわふわのクッション状態で肌に押し付けるようにして毛穴の中の汚れを上手に落としましょう。

また長時間の洗顔は皮脂を取りすぎてしまうので、できるだけ手早くさっと済ませることがコツです。

ぬるま湯で30回ほどすすぐ

洗顔料で汚れを取ったら最後はすすぎでしっかり石鹸成分を落としましょう。朝の洗顔はとくに時間がないので5回ほどすすいで終わりという方もいると思いますが、石鹸成分は手に残るぬめりだけでなく皮膚にも吸収されているので、手で触っただけや泡が消えたから大丈夫ではないのです。

最低でも30回はぬるま湯でしっかりすすいでください。この際もごしごしこすらないように、お湯を顔に当てるようにすること。またシャワーの時に洗顔する人は熱いお湯を直接顔に当てないように先に洗顔してからシャワーに入るか、温度を変えて洗顔してください。

清潔なタオルで優しく拭き取る

何度も繰り返し使うタオルには雑菌がたくさんついています。そのまま顔を拭いてしまうと皮膚に菌が移りアクネ菌などが繁殖する可能性もあります。洗顔後に使うタオルは必ず清潔なものを使い、水分を拭き取るときは顔にタオルを押し付けるように優しく水分を拭き取ってください。

乾燥肌しないオールインワンゲルの使い方ポイント

乾燥肌しないオールインワンゲルの使い方は、洗顔後にただ肌に伸ばすだけではせっかくの美容成分の働きが効果を発揮しません。まず乾燥しやすいところは必ず重ねつけしましょう。小じわができやすい目の周辺は皮膚がとても薄く水分をため込む力が弱いのですぐに乾燥してしまいます。オールインワンゲルも一度だけでなくしっかり浸透したらもう一度目の周辺にたっぷりつけておきましょう。

これと同様に乾燥しやすい頬や口の周辺、また年齢がわかりやすい首にもつけておくと安心。乾燥肌によいオールインワンゲルの使い方ポイントは以下の通りです。

乾燥しない使い方のコツ

  • 導入化粧水を最初に使う
  • 入浴後すぐに肌につける
  • メイクはゲルがしっとり落ち着いてから
  • 季節や体調に合わせほかの化粧品と一緒に使う

マッサージで肌の血行改善をしておこう

年齢肌は浸透性が低下するため、どんなに高級な化粧品を使っても肌の働きに合わせないとなかなか効果が実感できません。とくに乾燥肌はバリア機能が弱いため、水分がどんどん逃げてしまう状態。しっかり角質層に成分を閉じ込めるためには肌の血行改善も意識しないといけません。

乾燥しないオールインワンゲルを最大限使いこなすには化粧品に頼るだけでなく、ちょっとしたお手入れの努力も大切。とくにマッサージは毎日ではありませんので、週に2回ほどプラスして肌を元気にしてあげましょう。美容オイルやマッサージクリーム、またオールインワンゲルを使い肌を下から上、内側から外側を意識してマッサージしてください。

またフェイスラインにはリンパが流れていますので、アゴから耳の付け根に向かって刺激しておきます。リンパの流れが活発になると肌の老廃物が流れやすくなり、透明感もアップしますよ。

マッサージする前は蒸しタオルで肌を温めで血液の循環をよくしておくことがコツです。

乾燥しないオールインワンゲルの選び方

オールインワンゲルを使いたいけど、しっとりするものがないという意見が良く聞かれますが、オールインワンゲルはそれぞれ違った目的や効果がありますので、乾燥対策のために使うものはいくつかチェックするべきポイントがあります。失敗しないためには以下の点を必ず確認しておきましょう。

保湿成分

オールインワンゲルはスキンケアの目的に合ったものを選べばとても効果的なスキンケアができます。時短のスキンケアで最高の美肌効果がゲットできれば毎日のお手入れが楽しくなりますよね。乾燥しないオールインワンゲルの選び方でまず大事なのが配合されている保湿成分です。

水分を蓄えるヒアルロン酸肌の弾力を回復するコラーゲン肌の潤いをアップするセラミドなど、乾燥対策の基本となる美容成分だけでなく、あらゆる角度からアプローチできる保湿成分が理想的です。

浸透力も要チェック!

これらの保湿成分が角質層までぐんぐん浸透するか、そんな点も確認してから購入しましょう。

無添加

年齢肌はデリケートで刺激の強い化粧品は老化を進める原因になります。オールインワンゲルのなかには製造コストを安くするために、質の悪い美容成分や刺激の強い添加物を配合しているものも少なくありません。合成香料、合成着色料、合成界面活性剤、防腐剤など、毎日少量でも蓄積されるとバリア機能の低下やターンーバーの乱れにつながり、乾燥肌がなかなか改善されないでしょう。無添加化粧品なら乾燥によるダメージ肌でも安心して毎日使えますので購入の際に必ず確認してください。

コスパ

オールインワンゲルは1本で何役もこなす便利なアイテム、そのため何種類も必要だった化粧品がたったひとつにまとまるので、経済的にもお得感があります。しかし中にはとても値段が高いタイプもあり、結局別々に購入したほうが安いなんてこともあるでしょう。

また安価なオールインワンゲルだと使用量が多くあっという間にひとつなくなってしまうなんて場合も。できるだけコスパが良いものが継続して使用するためにオススメです。

1回ごとのコストもできれば確認しておくとよいでしょう。

使用感

オールインワンゲルはメイクをするとモロモロが出る、なかなか浸透されないなど使用感で満足できない人もいるようです。オールインワンゲルのため、水性成分や油性成分がすべて一緒に配合されていますので、化粧水のようなさらっとした使用感を出すのは難しい特徴があります。しかし商品によっては肌に馴染みやすいタイプや、べたつきが激しいものなどがありますので、できれば肌チェックして購入することをオススメします。

乾燥しないオールインワンゲルはメディプラスゲル

乾燥しないオールインワンゲルをお探しの人にはメディプラスゲルがオススメです。人気雑誌やメディアでも取り上げられ、オールインワンゲルの代名詞的な存在になっています。乾燥肌にはどのようなメリットがあるのか、メディプラスゲルの魅力的をご紹介しましょう。

温泉水を使用

メディプラスゲルの成分で話題になっているものが美肌の名湯として知られている「出雲玉造温泉水」を配合していること。温泉に入った翌日は肌がぷるんとハリが出てつるつるになりますよね。玉造温泉はとくにミネラルバランスに優れているため、美容効果が抜群な点が人気。毎日温泉に入ったようなツヤのある肌が期待できます。

保湿成分

乾燥しないオールインワンゲルのメディプラスゲルは、保湿成分がたっぷり入った乾燥肌用。密着型ヒアルロン酸、たるみ予防によいコラーゲン、ヒト型セラミドをはじめ、合計で66種類も美容成分が配合されているのです。メディプラスゲルは、化粧水・乳液・美容液・クリームの4役。洗顔後これ1本でしっとりスキンケアができますので、ほかのアイテムを使う手間はありません。

7つの不使用で低刺激スキンケア

年齢肌に優しく使えるメディプラスゲルは、乾燥肌の不安定な状態にも大変優しい低刺激化粧品です。よく化粧品で使用されている添加物の、防腐剤・アルコール・石油系界面活性剤・合成着色料・合成香料・鉱物油・シリコンを不使用。肌に安全なので使い続けるほど肌のキメが整い、しっとり効果も抜群です。

ボトルなので衛生的

オールインワンゲルはジャータイプで専用のスパチュラですくって使うタイプなどがありますが、メディプラスゲルはボトルでプッシュ式なので毎回衛生的。化粧品は汚れた手で使ってしまう場合もありますので、どこで菌が付着するかわかりませんよね。

プッシュ式なので成分が常に新鮮に保管され、忙しい時も使いやすい点がメリット。累計販売本数は800万本も突破している人気オールインワンゲルとして、アンチエイジング、乾燥肌対策として愛用者が増えています。

返金制度で安心

乾燥しないオールインワンゲルは、実際に使ってみないと自分の肌に合うかどうか不安です。それぞれの商品に異なるテクスチャーがあり、浸透性の高さや刺激度は違います。メディプラスゲルはそんな初めての購入者に向けて、初回のみ30日以内であれば返金対応をしてくれるのでとても安心ですね。

返送費用は自分で負担になりますが、1本使いきっても返金に応じていること、また電話1本で手続きができるなど、お試しで使ってみたい方にも嬉しいです。

⇒⇒メディプラスゲルの詳細はこちら!

 

 

コメントは受け付けていません。