インナードライ肌の特徴を理解してオールインワンゲルで改善するコツとは?

インナードライ肌をオールインワンゲルで改善するためのコツについてご紹介します。簡単にできるスキンケアだからこそ、目的に合わせた化粧品選びが大切ですよ。

インナードライ肌の特徴を理解しよう

インナードライは肌の表面は皮脂が多くべたつくのに、内部が乾燥している状態。多くの方が間違ってしまうのは、肌表面のテカリだけを気にして、皮脂対策ばかりしてしまうこと。これではさらに乾燥を招きインナードライは悪化してしまいます。

このような状態になる原因は加齢、化粧品の刺激、食生活や生活習慣などあらゆる要因が考えられますが、とくに30代以降になると年齢肌に多く起こる症状で誤ったスキンケアを続けてしまうことが問題なのです。

洗顔のやりすぎ、保湿不足など、心当たりがある方は注意してください。部分的にテカりやすい肌もインナードライの可能性がありますので、保湿ケアを重視するとよいいでしょう。

オールインワンゲルはどれを使えばいいの?

オールインワンゲルだと肌がしっとりしないという利用者がとても多く、結局お手持ちの化粧品と合わせて使う方がいます。インナードライは内部の潤いケアがとても大切ですから、保湿効果が少ないゲルでは逆効果になってしまいます。

インナードライをオールインワンゲルで改善するためには、保湿成分の浸透度の高さが選ぶポイント。しかしゲルというテクスチャーは肌にのせてすっと化粧水のように馴染む浸透性の速さが少ないため、選ぶのは困難かもしれません。

初めて使うものは必ず返金制度やお試しができるものからチェック。保湿成分の種類が多く、浸透性にこだわったオールインワンゲルを選びましょう。ナノ化成分など角質層の奥まで届くタイプを見つけてください。

肌状態を毎日知ること

インナードライ肌をオールインワンゲルで改善するためには、季節や肌状態によってプラスケアをしてください。オールインワンゲルだけではどうしても保湿が不足することもありますので、インナードライをオールインワンゲルでケアするときには肌状態を毎日見極め、その日の状態に合わせケアが大切です。

しっとり感が不足するときのコツ

目尻や口元などの潤い不足になりやすい部分はゲルを重ねつけする、または美容液を使ってポイントケア、マッサージやパックとしてゲルを使うなど、コツを生かしてください。また夜と朝で使う化粧品を変えることも必要なので、皮脂コントロールをしながら内部の乾燥状態も忘れずにケアしてください。

インナードライをオールインワンゲルで改善するためには、相性のよい化粧品を長く使うことが必要です。

コメントは受け付けていません。