オールインワンゲルでシミとくすみを消すには美白成分が大切

オールインワンゲルでシミとくすみを減らすのはちょっと大変。美容液や美白化粧品を使わないと効果がないのでは?という不安の声がよく聞かれます。シミやくすみには専用のオールインワンゲルを使うことで、効果が実感できます。たとえば保湿に特化したものを使ってもシミが薄くなることはあまり期待できないでしょう。年齢肌の悩みとしてとても多いシミとくすみ、見た目年齢にも影響を与えるこの悩みを改善するためには美白成分がカギを握っています。

ではワンステップで美白ケアをしたい方に向けて、オールインワンゲルでシミとくすみ対策を始めるポイントをご紹介しましょう。

オールインワンゲルでシミとくすみを改善するには

  • 美白成分
  • 保湿ケア
  • 普段注意すること
  • パーフェクトワンがオススメ

以上4つの点を見ていきましょう。

シミとくすみ対策によい美白成分はこれだ!

シミとくすみ、気が付くと顔全体に年齢が表れてしまうほど。しかし気が付いた時にはもう手遅れで何をしてもシミが消えないで困るという方は多いでしょう。オールインワンゲルでシミとくすみを改善するなら、配合されている美白成分を正しく理解してください。美白に良いと宣伝しても実際には有効成分が入っていないもの、含有量が少ないタイプもあるのです。ではどのような美白成分が良いかみていきましょう。

アルブチン

美白化粧品でよく使用されているアルブチンは、メラニン色素を黒く変えるチロシナーゼの働きを抑制する働きがあり、シミ対策に有効といわれています。この働きはシミができる前に予防する目的がありますので、すでにできたシミを消すよりも、予防策として使いたい時に大変メリットがあります。

またアルブチンはすでにあるシミがさらに濃くならないようにストップする働きもありますので、シミ全体を上手にコントロールできる点が魅力です。

ハイドロキノン

メラニンを薄くする美白有効成分として最も効果が高いといわれている成分。チロシナーゼの働きを抑制して結果的にすでにあるシミを薄くする効果があり、メラノサイトの数が減りシミができにくくなるのです。しかしハイドロキノンは効果がよい反面、肌の乾燥を招くデメリットもありますので、市販の化粧品で使う場合は慎重に判断しないといけません。

トラネキサム酸

止血目的で使用される成分で医療現場ではお馴染みになっていますが、安全性が高く蕁麻疹や口内炎の治療薬として処方される場合もあります。トラネキサム酸は肝斑と呼ばれるシミに効果を発揮し、外側から使うだけでなく内服薬として体内に浸透させる方法もあります。

肝斑はレーザー治療で取り除けない厄介なもので改善が難しいといわれてきましたが、トラネキサム酸のおかげで大変効率的なシミケアができるようになりました。

甘草エキス

生薬で美白効果があるものといえば甘草エキス。甘草はマメ科植物で茎や根っこから抽出して作る生薬。疾患にも有効で万能な薬ともいわれています。アレルギーや抗炎症の治療で使われ、美容面ではメラニン生成を抑える効果が抜群。シミとなる黒い色の元はチロシナーゼという酵素が関係しているのですが、甘草エキスはメラニンの黒色化を予防する働きがあるためシミやくすみにも有効なのです。

保湿ケアでターンオーバーを活性化すること

オールインワンゲルでシミとくすみ対策をするには、美白成分だけでなく肌の働きを活性化するために保湿成分も忘れてはいけません。しっとり肌は肌の新陳代謝が活発で古い角質層がはがれ、新しいものへ生成しやすい環境が整っています。年齢とともにうるおい成分が減少するので、ターンオーバーも乱れがちに。オールインワンゲルは保湿効果が少ないといわれる商品も多く存在しますので、美白ケアをするときは保湿効果の高い配合成分をチェックしましょう。

シミやくすみの原因になるメラニン色素はターンオーバーとともに自然と肌の外に排出されていますが、保湿が十分でないと肌に沈着してしまいます。そのため乾燥対策をすることはシミ予防にもつながるので、美白成分だけでなく保湿にもよい成分を肌に補いましょう。

シミやくすみは肌の表面で起こる問題のように思いますが、大切なのは肌内部の水分量。角質層がしっかり潤っていないとバリア機能が低下して紫外線のダメージを受けやすいため、保湿ケアは美白には欠かせない点なのです。

シミとくすみに悪影響を与えることに気をつけよう!

オールインワンゲルでシミとくすみ対策を始めるには、スキンケア以外でいくつか覚えておきたい美白のコツがあります。次のポイントをできるだけ意識して普段のお手入れを始めましょう。

紫外線対策をする

紫外線はメラニン色素を活発にしてシミやくすみの元になります。さらに体内で活性酸素を多く作る要因になるため、体の細胞が劣化して老化が進んでしまうのです。紫外線はシミやそばかすだけでなくたるみや乾燥肌を招く要因にもなりますので、美白ケアを行う際には必ず日焼け止めを使ってください。日差しが強いところはなるべく日陰を歩く、長袖や帽子をかぶる、日焼け止めをこまめに塗るなど、頭に入れておくと安心です。

肌に良い栄養補給

美肌に欠かせないビタミンCはシミやくすみ予防にも大変効果がありますので、野菜や果物などをたっぷり食べましょう。逆に脂質や糖質は肌が酸化する原因で老化をスピードアップさせてしまいます。美白ケアは新陳代謝を活発にすることが秘訣のひとつになりますので、乳酸菌など腸内環境を活発にするヨーグルトなどの発酵食品も美容のためにプラスしましょう。

睡眠時間

肌をダメージから回復させるためには、筋肉疲労を回復するのと同じで睡眠時間がとても大事。とくに深夜過ぎは成長ホルモンが多く分泌されるので、角質層の生成サポートになります。早寝早起き、快適な睡眠環境などを普段から意識してください。

寝る前のリラックス時間は睡眠の質を高めるために効果がありますよ。

肌の負担を減らす

オールインワンゲルでシミやくすみ対策をはじめるには、肌によいスキンケアをするだけでなく悪影響になることもできるだけ減らしていきましょう。そのひとつが肌に与える刺激。ごしごし洗顔や刺激の強い化粧品成分はメラニン色素を活発にする働きがありますので、すでにあるシミも濃くなるリスクがあります。加齢とともに肌はデリケートになりますので、洗顔や保湿などスキンケアで与える摩擦を減らすことも意識しましょう。

シミとくすみを解決するならパーフェクトワン!

オールインワンゲルのパーフェクトワンは潤い重視タイプに向けた保湿ゲルとシミやくすみ対策によい美白ゲルの2種類があります。シミやくすみでお悩みの方には医薬部外品の美白ゲルがあらゆる角度からお肌に働きかけてくれます。ではどのような魅力があるのか以下のポイントをぜひ参考にしてください。

パックができる1本で6役

オールインワンゲルは機能性の高さが比較ポイントになりますが、パーフェクトワンは1本で6役、なんとパックまでできる優れモノです。化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック・下地のすべてがこれだけで完了。美白ケアは成分をしっかり浸透させるために、パックやマッサージなどのプラスケアが欠かせません。パーフェクトワンならほかのパック剤を使う必要がなく、パック後も洗い流す手間もなくとても簡単に美白ケアができます。

製薬会社が作ったオールインワンゲル

パーフェクトワンは新日本製薬が作った商品で、累計販売実績は4500万個を突破。製薬会社ならではの研究や開発により「複合型リフティングコラーゲンEX」が生まれました。
このコラーゲンは集中的な保湿や角質層のすみずみまで届く高い浸透性を持ち、年齢肌を持続的に保湿しながらみずみずしい肌へ導く効果が人気。肌が必要とする場所にしっかり届く潤いケアはターンオーバーを活性化するためにも大変期待できます。

たっぷり美白成分を配合

オールインワンゲルでシミとくすみを改善するには美白有効成分がなによりも大切です。パーフェクトワンにはアルブチンとトラネキサム酸のWの有効成分が配合され、贅沢な美白効果が期待できます。美白成分はそのままでは肌の奥までしっかり到達しないことが特徴。パーフェクトワンはシミの発生源までしっかりアプローチできるオリジナル処方を採用しているので、表面だけでなく元から美白ができます。

美白できるのに肌に優しい!

美白有効成分は乾燥肌を招いたり刺激が強いこともありますが、オールインワンゲルのパーフェクトワンは刺激をできるだけ抑えるために合成香料・合成着色料・パラベンの3種類が無添加になっています。肌を健康的に優しくお手入れするためには、添加物の存在は不要。毎日安心してシミ対策ができるだけでなく、べたつきが少ないクリーミーなテクスチャーはメイク前の下地としても人気があります。

スパチュラを使うジャータイプ、保湿と美白を同時にワンステップでできるのでアンチエイジングの悩みが手軽に解決できますね。

⇒⇒パーフェクトワンの詳細はこちら!

 

 

コメントは受け付けていません。