オールインワンゲルでべたつく時の対策ポイントとコツ

オールインワンゲルがべたつく時の対策方法についてご紹介したいと思います。ひとつでなんでもこなす便利なオールインワンゲルですが、使用感は商品ごとに違いなかにはべたつきが激しく、もろもろがでてしまう場合もありますよね。これではいくら便利でも使い方が難しくて抵抗になるでしょう。

オールインワンゲルは一般の基礎化粧品とは違う特徴がありますので、働きを理解してうまく使いこなすことが効果を発揮する秘訣。そこで早速ですがオールインワンゲルがべたつく時の改善策について見ていきましょう。

オールインワンゲルがべたつくときは

  • べたつく理由
  • 使い分ける
  • メイク前の使い方のコツ
  • さらっとした使用感を選ぶ
  • 他の化粧品と併用する

以上5つのポイントを見ていきたいと思います。

オールインワンゲルのべたつく理由について

化粧水や乳液などがひとつにまとまったオールインワンゲルは時短のスキンケアができるので、主婦や忙しい女性にとても人気があります。しかし化粧水のようにすっと肌になじみさらっとした使用感があるタイプが少なく、べたつきが残るので逆にスキンケアが手間取ってしまうこともあるでしょう。

そもそもオールインワンゲルは水溶性成分と油性成分が混ざっていますので、どうしてもテクスチャーとしては油性成分が勝ってしまいまったくべたつきがないタイプは少ないといわれています。水分を補給して長時間閉じ込めておくためにゲルというテクスチャーはとても効果を発揮しますが、マルチな機能性を維持するためには増粘剤、乳化剤、シリコンなどのべたつき原因になる成分を使用しないといけません。

それだけでなくオールインワンゲルの浸透性が悪いタイプだとなおさらべたつきが残りますので、自分の好みに合わせて使用感にこだわることも大切ですね。

使い分けてべたつきを減らすこと

オールインワンゲルは保湿効果が少ないタイプも少なくありません。ひとつだけでスキンケアをするには、多少の不足点が出てしまうのは仕方がないことなので自分の肌環境に合わせて選ぶことが大切です。

オールインワンゲルがべたつく時は使うタイミングを変えて、朝だけ、夜だけというようにべたつきが気にならない使い方にすることが方法のひとつ。たとえば保湿効果が高いタイプでべたつきもあるものは、お風呂上りに使ってしっかり成分を浸透させるとさらに保湿の働きが効果的になります。

使用感はそれぞれ異なりますので、オールインワンゲルだけでなくローションタイプをプラスする、もしくは季節によって使い分けるのもオススメ。メイクの下地までできるタイプを朝に使い、パック効果があるものは夜にするなど、それぞれの商品の特徴を理解してうまく使いこなしてみましょう。

べたつきが困る!メイク前の使い方のコツ

メイクの下地までできるオールインワンゲルはべたつきが激しく、もろもろがでてしまうタイプも少なくありません。このままファンデーションを塗ってしまうとすぐにメイクが崩れる原因なので、下地として使う場合にはなるべく塗布してからしっかり浸透するまでの放置時間に余裕を持ってください。

2~3分ほどすればさらっと肌の表面が落ち着きますので、その状態になったらメイクをスタート。忙しい時はうちわで風を送るなど工夫することも方法のひとつです。メイクをする前の手順としてはまず洗顔をしたらオールインワンゲルを顔全体に伸ばしてハンドプレスしながら押し込むイメージで塗布してください。

もろもろが出るのはしっかりゲルが肌に浸透していないサインなので、時間をかけるか使用量を減らすなど使い方を変えることも大切ですよ。

さらっとした使用感のオールインワンゲルを使うこと

使い方を工夫しても結局べたつき自体を大幅に変えることは難しいですよね。商品によっては浸透性が悪くべたつきが残ってしまう粗悪なタイプも少なくありませんので、使用感が気になる場合は自分好みのさらっとしたタイプを選びましょう。

その時のコツはお試しや返金制度がある商品でチェックをする方法、これなら万が一気に入らなくても安心です。オールインワンゲルの人気ランキングを見ると分かりますが、返金保証がある商品はとても多く存在します。効果が良くても使いにくいものだと継続するのは大変ですし、肌との相性を調べるには実際に使ってみないと分かりません。

浸透性にこだわったオールインワンゲルはべたつきが少なく、ローションをつけたようにすっと肌になじむタイプもあります。

他の化粧品と併用してべたつきを調整しよう

オールインワンゲルは必ずこれひとつだけにする、という決まりはありませんのでお手持ちの化粧品と合わせて使うことも可能です。ただしなかには相性が合わないタイプもありますので組み合わせは実際に使って比較してみましょう。

べたつきが気になる時はお手持ちの化粧水を最初に使い、そのあとにオールインワンゲルで肌を整えることができますし、逆にさらっとしたタイプを使い不足する保湿成分をお手持ちのクリームや乳液で補う使い方もよいでしょう。

季節や体調によっても肌状態は常に変化していますので、オールインワンゲルも上手に使い方を変えながら快適に続けてくださいね。導入美容液をプラスすると浸透性がグンとアップするので組み合わせる化粧品にも工夫が大切です。

コメントは受け付けていません。